So-net無料ブログ作成

ローン完済前の車を売るときは残債を [ブログ]

「中田“ランボルギーニ弾”「腰痛くなるから」売ったのに… - スポーツニッポン」 より引用

中日スポーツ中田“ランボルギーニ弾”「腰痛くなるから」売ったのに…スポーツニッポン自身もCMに出演する北海道に本社を置く中古車販売会社の提供で、試合のMVP賞としてイタリア高級車ランボルギーニ「ウラカン」の1年間オーナー権を獲得。 ... この2発で札幌ドームでは通算60本塁打となり、稲葉篤紀(現日本ハムSCO)を超えて歴代最多。 ... 無類の車好き。試合前には展示されていた別のラ ...【日本…(続きを読む)

引用元:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNEYPn74_vyfo4-oCo-0iWV3aMJt8A&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&cid=52780573198587&ei=S-2DWZj6KMH94QKoxoGAAg&url=http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/24/kiji/20170624s00001173057000c.html


ローン完済前の車を売るときは、残債を支払ってしまわないと売却できません。
というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。
売る際に残りの債務を完済できるのなら構いませんが、不可能だったら無理をせず、買取額を使って残りの精算に回すという手段もあります。
しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、残債がないときと比べると手つづきは複雑です。
ユーズドカー販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、数は多くありませんが、中には極悪な買取業者もあるのです。
手口の例としては、見積もりを申し込む時に、「見積もりした後にその車をもち帰っても良ければ査定額をアップ指せることが可能ですよ」などと言われ、即時にその車を明け渡すように勧められて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、業者の連絡先持つながらないという詐欺があります。
決められた一定の契約手つづきを行なおうとせずに妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意してくださいね。
車の査定を夜間や雨の日にして貰うと高額評定が期待できるという説があります。
ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。
とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。
実際には来てくれるならいつでもという構えで出来るだけあまたの業者に評定指せる方が利益は大きいのではないでしょうか。
業者同士で競合が起きれば結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。
web上のクルマ査定ホームページに申し込みすると、お店から電話がいくらでもかかってくる事例があり、しかしこれもホームページ経由でユーザーの「売りたい」との情報が流れ、業者がそれに応えているだけです。
対応方法としては、キッチリ断りをいれることで、大概は連絡してこなくなりますし、また着信拒否の設定をするという作戦もとれますから、対応次第でどんな風にでもできるでしょう。
もし、とにかく営業を受けたくないというと願うなら、個人データを入れずとも金額を出すウェブページも存在しますので、申込みするのも悪くはないでしょう。



nice!(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

Facebook コメント